The Momentary and Placeless Community: Constructing a New Community with regards to Otaku Culture

Main Article Content

Nobuharu IMAI

Abstract

The aim of this article is to examine how a new community in information societies is constructed by referring to the cultural practices of Otaku and their methods of communication. Today, the realities of internet space are gaining ground. The Otaku are the most acclimatized people, or the most addicted, to the information society, however, when they gather in certain real geographic places that they denominate by religious terms, they affirm the existence of their reference group and strengthen the plausibility of their structures. The practices of Otaku present one of the ways of living in the information society.

この論文は、情報社会における新たな共同体の在り方について、オタクと呼ばれる人々による文化的実践とコミュニケーションに言及することによって論じるものである。インターネット空間のリアリティが増進している今日、オタクは情報社会にもっとも適応した人々であり、あるいはそこに耽溺しているとも言える。しかし、彼らが宗教的語彙で呼び表す現実の場に集う時、彼らはそこで準拠集団の確認と信憑性構造の強化を行っている。そうしたオタクの実践は、情報社会における1つの生き方を提供している。

Article Details

Section
Articles