Fragmented yet Associated: ‘Waqf’ Activities in an Urban Hui Muslim Internet Community

Main Article Content

Masashi NARA

Abstract

This paper examines how Islamic revival has progressed in China since economic reform by focusing on the activities of an urban Hui Muslim Internet community in Yunnan province. Since the late 1970s, there have been two clear tendencies in Hui society. One is the rise in secularization amongst many Hui Muslims through social change; for example the dissolution of traditional Hui communities and intensified interaction between Hui and Han Chinese in daily life. Another is Islamization amongst certain Hui, brought about through a relaxation of religious policies. These contrasting trends mean that many Hui people do not share a sense of religiosity. Seemingly, they lack a point of contact. However, the Hui Muslim Internet community connects them through diverse activities and intents, from meeting prospective marriage partners to the doctrinal development of Islam. Additionally, Hui Muslims associated via the Web engage in Islamic revival movements such as establishing Waqf (Muslim endowments). This suggests a new comprehension of Islamic revival, one which does not reduce such movements to a sense of religiosity. As the new associations connect diverse Hui Muslims, the Islamic revival movements develop in entanglements of both the Islamic and the secular and not from mere Islamization alone.

要旨
本論は、雲南省の都市部の回族ムスリムのインターネット・コミュニティの活動に焦点を当て、「改革・開放」以降の中国においてイスラーム復興がいかに進展してきたのかについて考察を行う。1970年代末以降、回族社会には2つの傾向がある。一つは、伝統的な回族コミュニティの解体や日常生活における回族と漢族の関係の深まりなどの社会変容による回族ムスリムの多くに見られる世俗化の進展である。もう一つは、宗教政策の緩和によりもたらされた回族の一部のイスラーム化である。これらの対照的な傾向は多くの回族たちがムスリムとしての宗教意識や生活様式を共有しないことを意味する。そのため、一見すると彼らには日常生活において接点がないように見える。しかし、回族ムスリムのインターネット・コミュニティは、結婚相手探しやイスラームの発展などといった彼らの多様な意図を結びつけることにより、彼らの間に新たなつながりを創出する。さらに、ウェブを通じて結びついた回族ムスリムはワクフ(ムスリムの寄金)設立などのイスラーム復興運動を担っていく。こうした事例は、イスラーム復興を宗教意識へと還元しない新たな理解を示唆するものである。多様な回族ムスリムを結びつけるこうした新たなつながりとして、イスラーム復興運動は、単なるイスラーム化ではなく、イスラーム的なものと世俗的なものとの両方がもつれ合いを通して展開しているのである。

Article Details

Section
Articles
Author Biography

Masashi NARA, University of Tsukuba (Japan)

 

Doctoral Program in History and Anthropology

Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba

Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science