The Two Spaces of Eugène Minkowski

Main Article Content

AI SATO

Abstract

Eugène Minkowski was a French psychiatrist and philosopher during the first half of the twentieth century. He integrated the phenomenology of Husserl as well as French philosophy into the domain of psychopathology. However, previous studies of Minkowski have not focused on his interpretation of phenomenology, partly because of the difficulty of his interdisciplinary approach. In order to clarify certain aspects of his works on phenomenology, here, we will focus on the theme of spaces as proposed in his works. We believe our study of such spaces will show that Minkowski's philosophical contemplation between phenomenology and psychopathology would anticipate the work of Merleau-Ponty.

要旨
ウジェーヌ・ミンコフスキーは20世紀前半にフランスで活躍した精神医学者であり哲学者である。哲学の分野においては、フッサール現象学とフランス思想を精神病理学の分野に初めて導入した人物として知られている。しかしながら、その功績にも関わらず、ミンコフスキーについてはこれまで、その分野横断的な思想の困難さから、彼が現象学をどのように解釈し、これを精神病理学の分野に導入したかについて詳細に研究されたことはなかった。したがって本論文においては、彼の現象学を明らかにするために、彼の空間論に焦点を当てる。これによって彼の現象学と精神医学を結ぶ仕事の核心が、メルロ=ポンティによって受け継がれたことが明らかになるだろう。

Article Details

Section
Articles