Le fédéralisme et la Révolution française : pour comprendre le républicanisme français

Main Article Content

Nobuyuki TSUNODA

Abstract

Federalism and the French Revolution: Towards an understanding of French Republicanism

Even today, in the twenty-first century, the tendency towards centralization of power is strong in France. Now, however, at least in Europe with the creation of the EU, the framework of the unitary state itself is in question. Therefore, in such an environment is centralization as can be seen in France still acceptable? In order to answer this question, we shall examine the French people’s understanding of the state through a study of the French Revolution; the cradle of the French nation state. For this research, we will examine the concept of the one and indivisible republic and federalism from both the philosophical and the linguistic points of view.

21世紀を迎えた現在においても、フランスでは中央集権的志向が強い。しかし、現在はヨーロッパ統合の時代であり、少なくともヨーロッパにおいては、単一国家という枠組みは試練を受けようとしている。このような環境において、フランスのような中央集権体制は望ましいのであろうか。この問いに答えるためには、フランス国民国家形成の契機となったフランス革命にまで遡り、フランス人の国家に関する、一にして不可分の共和国の観念と、それに対比されるフェデラリスムについて調査することが、有効であると思われる。本論文はそれらに対し、言語学的研究、思想史的研究を試みるものである。

Article Details

Section
Articles