Civil Society of Bangladesh: Depoliticized in Working Agenda but Politicized in Power Relation

Main Article Content

Ahmed SHAKIL

Abstract

The concepts of depoliticization and politicization are opposite in nature but they coexist in the context of the Bangladeshi development paradigm. Civil society organizations (CSOs) are depoliticized in their working agenda and this is convenient for the state, the market and even for the CSOs themselves because they do not challenge anyone. Nevertheless, this position renders the CSOs more prone to politicization in accordance with party politics. Ultimately Bangladesh is suffering from the democratization process despite the huge number of CSOs. This study is based on an extensive survey of 1,005 CSOs in Dhaka, Bangladesh, conducted by means of structured questionnaires through direct interviews in 2006 and 2007.


要旨
非政治化と政治化の概念はまったく相反するものだが、バングラデシュの開発パラダイムの文脈では共存している。市民社会団体 (CSO) の活動方針は非政治的であり、そのことは国家、市場、さらにCSOそのものにとっても好都合である。なぜなら、誰かに反抗することはないからである。しかし、その立場はかえって、CSOが政党政治に迎合して、政治的になってしまう傾向をより強める。結局バングラデシュは、膨大な数のCSOがあるにもかかわらず、民主化のプロセスに苦しんでいる。本研究は、2006年と2007年に行った直接面談による構造化アンケートによって、ダッカ (バングラデシュ) の1,005のCSOを広範に調査した結果に基づく。

Keywords

Bangladesh, civil society, NGO, depoliticization, politicization

Article Details

Section
Articles