Invisible Bilingual and Bicultural Groups in Japan

Main Article Content

Esther LOVELY
Asuka ANDO

Abstract

Japanese returnees and Coda (Hearing Children of Deaf adults) are bilingual and bicultural groups, yet invisible in Japanese society. Both groups have experienced marginalization from their peers in Japan due to their language use and bicultural identity. Coda and returnees alike are shown to be seeking an identity that they can reconcile with their cultural context in Japan. This joint paper aims to develop the concepts of bilingualism and biculturalism by sharing the experiences of these unique minority groups in Japan.


要旨
本論文は、日本人帰国生とコーダ(聞こえない親を持つ聞こえる子ども)のバイリンガリズムとバイカルチュラリズムについて考察する。2つのグループは、一見関係性のないように見える。しかし、両グループは、彼らのバイリンガリズムとバイカルチュラリズムに日本社会において注目されてこなかったという点において共通している。また、両グループとも、日本において疎外感を感じ、日本の文化的コンテクストにおいて安心できるアイデンティティを求めているという点も類似している。本論文は、日本におけるユニークな少数グループの経験を共有することによりバイリンガリズムとバイカルチュラリズムの概念を広げることを目的とする。

Article Details

Section
Fieldwork and Research Notes