INTER FACULTY

contact us

Font Size: 

Construction of a Creole Identity in Cabo Verde: Insights from ‘Morna’, a Traditional Form of Music

Kay AOKI , Graduate School of Asian and African Area Studies, University of Kyoto

Abstract


Morna is a traditional music of Cabo Verde. It was created in the context of colonialism, where Whites, Blacks and creoles, the children of Whites and Blacks born in Cabo Verde, lived. With emancipation from slavery, the people of Cabo Verde began to build their own identity: a creole identity. In order to establish their independence from Portugal, poets and musicians used morna to unify the people of Cabo Verde.This research paper will address the specific case of the evolution of morna by analysing morna lyrics diachronically to clarify the importance of ‘creoleness’ in the creation of a unique Cabo Verde identity.

要旨

モルナはカーボ・ヴェルデの伝統音楽であり、歌謡である。モルナは植民地支配において形成された文化であり、当時の社会に属していた白人や黒人、そしてクレオールの人々(白人・黒人の間に生まれた混血の子供)が影響したことで生成した。奴隷制度が廃止され、カーボ・ヴェルデの人々は自らのアイデンティティ、すなわちクレオール・アイデンティティを創出することを試みた。カーボ・ヴェルデがポルトガル帝国から独立を果たし、島民が団結し、統合するために詩人や音楽家はモルナを用いた。本研究は、モルナの歌詞を通時的に分析することで、カーボ・ヴェルデにおける「クレオール性」についての理解を深めるための手がかりを示す。


Keywords


creole identity; Cabo Verde; evolution of ‘morna’; 〜; クレオール・アイデンティティ; カーボ・ヴェルデ; モルナの進展

Full Text:

HTML PDF