Art and Culture: Memories from the Past Royal Monarchy of France

Main Article Content

Margareta KASTBERG SJÖBLOM

Abstract

This article focuses on the analysis of textual data and the extraction of lexical semantics. The techniques provided by different lexical statistics tools, such as Hyperbase (Brunet), today open the door to many avenues of research in the field of corpus linguistics, including reconstructing the major semantic themes of a textual corpus in a systematic way, thanks to a computer-assisted semantic extraction.

The object used as a testing ground is a corpus made up by a patrimonial corpus which includes the entire repertoire of the first generation of French Opera librettos performed at the Royal Music Academy at the Palais Royal.

The aim of the contribution is to show how an artistic genre can be a bearer of a political message and a vehicle for its propaganda.

要旨

本稿では原文のデータ分析および語彙の意味論の抽出について注目し、分析をすすめる。異なる語彙統計ツールから得られたハイパーベースなどの手法は、コーパス言語学(原文の集成による主要な意味的テーマを体系的な方法で再構成することを含む)の分野において、今日様々な研究の可能性を切り開きつつある。

テスト調査に使用されたデータは 、 フランス王室の王室音楽学校で実演された初代フランスオペラ歌詞のレパートリーより作成されたコーパスである。

本稿の目的は、いかなる芸術的ジャンルが政治的メッセージの発信の担い手となり、政治的プロパガンダの媒体となり得るのかを明らかにすることである。

Article Details

Section
Articles